スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


私は思う、目標や夢があって
それに到達しなきゃいけない時、
自分のことは痛めつけたとしても、
人を傷つけながら進んではいけないと。
結果的には傷つく人がいるのはしょうがないとは思う。
誰かが何かを得る時、失う人間もいるわけだから。
けれど、私はわざわざ人を傷つけたくない。
苦しむのは自分だけでいいんだ。
生みの苦しみ、手にする為の苦しみは実現した時
そこに価値を見出だせるから。


スポンサーサイト

  • 23:50
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment









trackback

| /PAGES |